Works活動実績

石垣島Creative Flag が代官山にやってきた。東京イベントレポート(前編)

石垣島にゆかりのあるクリエイターが集結するプロジェクト「石垣島Creative Flag(クリエイティブフラッグ)」では、クリエイティブの分野から島を盛り上げようと、さまざまな取り組みを実施。今年2月には東京・代官山エリアの3会場で関連イベントが開催されました。ここでは、「代官山 蔦屋書店」と「石垣島商店」で開催された展示販売会の様子をレポートします。

 

東京の文化発信拠点、「代官山 蔦屋書店」に石垣島Creative Flagコーナーが登場

言わずと知れた都内の一大情報発信地、代官山の人気スポット「代官山 蔦屋書店」。国内旅行コーナーの一角に、2月1日から28日までの1ヶ月間、石垣島Creative Flagコーナーが登場しました。

スクリーンショット 2015-03-09 16.35.08

どことなく島の空気が漂う棚には、石垣島に関連した書籍のほか、代官山 蔦屋書店のコンシェルジュが選んだ3組の石垣島Creative Flagクリエイターの作品が並び、スタイリッシュな店内に掲げられた石垣島Creative Flagの「旗」やプロジェクトを紹介するパネルが、訪れる人の足を止めていました。

今回、代官山 蔦屋書店コンシェルジュに選ばれたのは、島の貝を素材にしたアクセサリーをつくる「artworks PEZ」、自然素材をモチーフにオリジナル商品をつくる「mirai de sign」、20〜30代向けにハンドメイドアクセサリーをつくる「Nest Designs」の作品。

スクリーンショット 2015-03-09 16.31.24

島を身近に感じることができるアイテムについて、「あるお客さまはご自分用にと迷わず買っていかれました。会期中はフェアの問い合わせを受けたり、真剣にアクセサリーをご覧になる方がいらしたりと、なかなか反響があったように思います」と、代官山 蔦屋書店 旅行コーナー担当の勝部さんが反響を教えてくれました。

ちょうどアクセサリーのショーケースを覗いていた女性たちも、「社会人になってより一層、こういう島で癒されたい感が半端なくなりました」「やばい。行きたい!」と、島の魅力が伝わった様子でした。

 

石垣島の産品が集う、石垣島商店にクリエイター作品を展示

続いて昨年9月、代官山にオープンした石垣島ブランドのセレクトショップ「石垣島商店」へ。こちらは石垣島のスパイスなどの食品や雑貨などを販売しており、都内で石垣島の商品や情報に触れられる数少ない場所です。今回は2階にあるギャラリースペースで、クリエイター陣の作品を展示する石垣島Creative Flag展が開かれました。

スクリーンショット 2015-03-09 16.31.08

参加クリエイターは、oogomadara/Nest Designs/都築康孝/太田守明/北島清隆/PHOTO LIBRE ISHIGAKI/中西康治/マーメイド 花城勤子/mirai de sign 根原知子/はぎやまさと/narumiの11組。陳列棚には衣類や雑貨、壁には写真やアートパネルなどの作品が飾られ、真っ白な棚や壁に鮮やかな島の色合いが映えていました。

石垣島商店マネージャーの北村隆之さんは「お客さんが作品をご覧になって『これください』って言われたりすることも多いんですが、『イベントスペースになっていて売れないんですよ』と毎回断らなきゃいけないのが申し訳なかったんです」と、作品への反響を話してくれました。

石垣島の作品たちが集う空間は、都会の喧騒を忘れさせてくれるのか、まるで島にいるような温かい気持ちにしてくれました。